双剣(編集中)


適当かつ、やっつけなロア探求。

ネタバレを含みます。

ちまちま追記していきます。

そもそも双剣とは何?

文字通り神殺しの力を持つその双剣、イオテクとエノキサス。
創造神Namelessが、神々のバランスを保つために作り出した調停者Roehn Theerに与えたもの。
インナープレインの神々はそれをよく思わず、争いの末にRoehn Theerを虚無(Void)へと封印した。
その際に双剣はRoehn Theerの手を離れ、その内の一本イオテクはRallos Zekが手に入れ、
彼のプレインであるドランダーに持ち帰った。


数百年後(EQ2の世界が始まったころ)、ノーラスに大破災が起こった時、
Avatar of WarとAvatar of Tranquiltyの壮絶な戦いの末、Avatar of Warは倒れ、
彼の持つイオテクはフリーポートの覇王:Lucan D'lereが入手することとなる。
運命の書:九章参照


一方エノキサスはケイノスクレイモアとしてケイノス王室が管理するところとなるが、目覚めしドラゴン:Kerafyrmの勢力に奪われてしまう。
しかし冒険者の活躍によりドラゴンから奪取され、オーダー・オブ・マーの手に渡ることになる。(拡張:Kingdom of Skyにて)
しかししかし、その後虚無の勢力によりRoehn Theerの手に戻る。

虚無より復活したRoehn Theerはイオテクも取り戻すためにLucanを拉致する。(拡張:Sentinel's Fateにて)
冒険者によりRoehn Theerは討たれ、双剣の恐るべき力が一つに集まることが防がれると思いきや、
変装したKerrafyemによって、双剣の力を奪われてしまう。
(この変装したKerrafyrmはエピックウェポンのバフ化クエストをくれるNPC。双剣からその力を抜き出す研究のために、冒険者は利用された)

神殺しの力を持つ双剣のパワーを得たKerafyrmは勢いを増し、自分を封印した憎きドラゴンの勢力の本拠地スカイシュラインを襲撃する。

Kerafyrmが双剣の力を得たことに神々を危惧を抱き、戦神Rallos ZekはKerafyrmを討伐すべく、
彼のプレインであるドランダーごとノーラスに顕現させるという暴挙にでる。
Rallos Zekの目標はKerafyrmを倒すだけにとどまらず、その双剣の力を我が物とし、
更なる高み「真の王」となる野望を抱いていることが分かる。
KerafyrmにせよRallosにせよ、どっちが勝ってもノーラスに希望はない。
なんとしても阻止しなければならない。

EQ2_000018.jpg


Dualityによると、Rallosはノーラスにやってくる際にプレインから切り離されてしまうため、かなりのエネルギーを消耗してしまうらしい。それを補うために、下級神であるVallon、Tallon、Sullonの三柱の力を吸収しようとしている。それを逆手に取り、三柱をこちらの味方につけ、協力してRallosを倒そうと画策するDuality。

双剣の力は吸収と放出の双方向に働くと見たDualityは、Rallosを倒す際に放たれるエネルギーを、力を失った双剣に吸収することでその力を取り戻し、Kerafyrmの力を弱体させようというのだ。

つづく

スポンサーサイト

2013-01-24 21:03 : ロア探求 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

Hoshimari

Author:Hoshimari
EverQuest2
SebilisサーバーでMonkをやってます。
頭の輝きに磨きを、ワックスを。
イラスト:Mago

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード