Emperor Rile

今回の拡張Kunark Acsendingでたびたび登場するイクサー、Rile。

Rile

昔からのEQプレイヤーなら聞いたことはある名前だと思いますが、
おさらいも兼ねて、彼がどういった人物か解説したいと思います。

~~~~~~



Sebilian帝国の二代目皇帝 Rile Sathir


初代皇帝Venril Sathirの息子。


the Unholy Writ of Warを得た父Venrilは帝国の勢力を一気に拡大させた。
晩年、自らの死を恐れたVenrilは、穢れた魔術により不死の力を得ようとする。
その儀式を妨害してVenrilを殺害したのが、Rileである。


二代目皇帝になってからは、武力による侵略で帝国の領土を拡げていった。
その部下として、Kurn Macha (Kurn's Towerに名前を使われている人。厳密にはあの塔には、このKurnさんはあんまり関わっていない)、ジャイアントのKaratukus(Warsilkの祖先)、吸血鬼Chosooth (今回はソータマージストのマスター)などがいた。

この時代に、DalnirがRileのための剣としてUnholy Kukuri of Greenmistを作製。
その名にちなみCrusader of Greenmistが組織される。


Sebilian帝国の領土は、ついにドラゴンの住まう地にまで届こうとしていた。
Kunarkのドラゴン協定Ring of Scaleは交渉による制止を試みていたが、
急進派の若いドラゴンのリーダーTrakanonが独自的にRileを襲撃し、彼を軍艦もろとも海に沈めた。
(このとき、Rileは別大陸Faydwerを侵略するために渡航中だった)



帝国滅亡後、商人の手によって遺体が財宝ともども海底からサルベージされ、ゴブリンに売られる。
ゴブリンの王は玉座の飾りとしてRileの遺体を使った。
ゴブリンとジャイアントの間には長い間諍いが絶えず、彼の遺体は戦利品として奪取を繰り返される。


やがてVenril復活を望むカルト信奉者(Sathirian?Venrilこそが新のSathirであるとする人たち)の目に留まり、
Rileの遺骨はVenril復活の依り代として購入される。


Rileの信奉者であるRilis達は、Venrilに対抗できるのは、
息子であり強大な征服者でもあったRileしかないとして、彼自身の骨を用いてRileを復活させた。


復活したRileは、改めてCrusadersを組織し、真のKunarkの支配者として君臨すべく、父と対決するのだった。

スポンサーサイト
2017-03-15 08:41 : ロア探求 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

Hoshimari

Author:Hoshimari
EverQuest2
SebilisサーバーでMonkをやってます。
頭の輝きに磨きを、ワックスを。
イラスト:Mago

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード