キシコール戦争

ファントム海のワンダラー港にいるEleden Calmseas。
彼女はかのブラッディ・キシコール戦争を戦った高名なパラディンの末裔だった。

彼女の口から語られる、血なまぐさい戦争の顛末。




(通常発言): やぁ、Eleden Calmseas

Eleden Calmseas >>>:
感じるわ、ワンダラー港に迫るアンデッドの気配が減った気がする。あなたが退治してくれたおかげね。ありがとう!

(Say) >> Eleden Calmseas:
このアンデッドは何者?

Eleden Calmseas >>>:
大半は“大変動”前の人々で、この森を抜けようとした旅人ね。ファーシーズ商会がここに上陸してから日は浅いものの、すでに多くの人が犠牲になってるわ。
「ブラッディ・キシコール戦争の戦没者では?」という人もいるけれど、彼らはまた別の運命をたどってるから…

(Say) >> Eleden Calmseas:
ところで、そのブラッディ・キシコール戦争って?

Eleden Calmseas >>>:
ごめんなさい、勝手に一般常識だと思い込んでたわ。皆がみんな知ってる訳わけじゃないのよね。
ブラッディ・キシコール戦争というのは、“混乱の時代”にこの森で起きた戦争よ。勝者のいないまま終わった空しい戦いで、その憎悪は今もこの土地を冒しているの!

(Say) >> Eleden Calmseas:
だからこの森はこうなのか。

Eleden Calmseas >>>:
それじゃ、かいつまんで解説するから、ちょっとだけお付き合いお願いします。
その当時、テイル・ダル帝国の勢力を強めんと、Laarthik K'Shin と Lanys T'Vyl(有名な Innoruukの娘よ)率いるテイル・ダルの軍団は、アントニカの中央へと軍を進め、コモンランド、リバーベイル、ハイパスに攻め込もうとしていた。ところがこのキシコールの森で、その行く手に立ちはだかる者があった。Lord Tephys、Galeth Veredeth、Firiona Vieの3人が率いるヒューマンとコーダ・ダルの連合軍よ。

(Say) >> Eleden Calmseas:
ふむふむ。

Eleden Calmseas >>>:
Lanys T'Vylは、Lord Tephysを攻めたてたわ。彼女の剣は幾度となく Tephysの盾を弾いた。やがてその盾が壊れて使い物にならなくなると、守りを失った Tephysはなす術を失った… そこに Firiona Vieが援護に駆けつけたのだけど、時すでに遅し。パラディンの命は…

(Say) >> Eleden Calmseas:
露と消えていた…

Eleden Calmseas >>>:
妨げるもののなき Lanysの怒気は、Firionaに向けられた。Innoruukの申し子と Tunareの申し子の一騎打ち。Lanysは斬撃の雨あられを降らせ、Firionaがそれをさばいていく。押しては引いて、引いては押して。どちらかが主導権を奪えば、どちらかは守りに専念し、再びチャンスが巡ってくるタイミングをうかがった。戦っていた兵士たちも、思わず手を止めて魅入るほどの応酬だったというわ。

(Say) >> Eleden Calmseas:
果たして勝者は…?

Eleden Calmseas >>>:
激戦のさなかにも、Firionaは“あらゆるものの母”の愛に満たされ、その加護に守られていたの。彼女は敢然と Innoruukの申し子に立ち向かった。穏やかな Tunareの怒りに触れるとどうなるか、それを後世に知らしめたのよ。

(Say) >> Eleden Calmseas:
Lanysはどうなったの?

Eleden Calmseas >>>:
先に力尽きたのは Lanysだった。Firionaの正義の覇気の前に、やがて Lanysは膝をついた。憎悪と怒りに燃えていたLanysの目には、疲弊の色が色濃く出ていたということよ。屈辱もあったかもしれない。いずれにしても、顔を歪めて観念すると、彼女は Laarthikの助けを呼んだ…

(Say) >> Eleden Calmseas:
Laarthik K'Shinか。

Eleden Calmseas >>>:
深手を負った愛弟子の声を聞き付けると、必死になった Laarthikは野獣のような咆哮をあげたわ。そして Galeth Veredethとの戦いにけりをつけるべく、剣の柄で不意の一撃を放ったの。それをまともに喰らった Galethは大きく血を吐くと、そのまま倒れて気を失ってしまった。

(Say) >> Eleden Calmseas:
その後 Laarthikは…?

Eleden Calmseas >>>:
Lanysがまさにやられそうになっているということに気付いた Laarthikは、胸当ての下から呪われたブラッディ・キシコールの魔球を取り出すと、天高く掲げて締め付けられたような声を張り上げたの。Innoruukの耳に届くように。そしたら、オーブに宿るエネルギーが解放されて、Laarthikの体を引き裂いたのよ!

(Say) >> Eleden Calmseas:
何があったのだろう?

Eleden Calmseas >>>:
万の魂が悲鳴をあげた… 想像を絶するとてつもない力が霊界の壁に亀裂を開き、プレイン・オブ・ヘイトの魔物が姿を現した。その咆哮が世界中に響きわたったその時、どんなに邪悪でどんなに歪んだノーラスの魔物も、恐ろしさに震え上がったというわ。

(Say) >> Eleden Calmseas:
…すごい!

Eleden Calmseas >>>:
酔漢のような哄笑を発しながら、Lanysは Innoruukの力を歓迎したわ。その体は深紅の炎に包まれ、天高くのぼっていったの。上へ上へと、父である“憎悪の王子”のもとへ。やがて Lanysは虚空に開いた亀裂に吸い込まれた。それを見届けるようにして、すでに屍と化していた Laarthikはその場に崩れ落ちたの。

(Say) >> Eleden Calmseas:
Firiona Vieはどうなった?

Eleden Calmseas >>>:
Lanysがハート・オブ・ヘイトに呑み込まれていく様を、Firiona Vieは立ちつくして見ていた。Lanysの憎々しげな瞳には、怒りの涙が浮かんでいたというわ。Tunareの申し子は内心うろたえていたけれど、その狼狽を表に出さぬようにして仲間に呼びかけた。「皆さん、お逃げください! 滅びの力が迫っています!」って。そして一命を取り留めた Galethに駆け寄ると、急いで森から抜け出したの。

(Say) >> Eleden Calmseas:
数少ない生き残りとして、か。

Eleden Calmseas >>>:
絶望と恐怖の波動が、キシコールに残っていたすべての者の魂をしおれさせたわ。恐怖に早鐘を打っていた心臓も、あたかも止まったように感じられた。その刹那、この世のものとは思えない絶叫が沈黙を破り、森のあらゆる命が、テイル・ダル、仲間たち、動物の別なく、たちどころに蒸発したの。

(Say) >> Eleden Calmseas:
「呪われた森」というのも納得がいく。

Eleden Calmseas >>>:
これが両軍に甚大な被害をもたらしたブラッディ・キシコール戦争の顛末よ。明確な勝利というわけじゃないから、さすがに祝いはしなかったけれど、連合軍はハイパスの防衛をねぎらった。一方のテイル・ダルはネリアックに退却することを余儀なくされたわ。

(Say) >> Eleden Calmseas:
戦争で命を落とした人々は?

Eleden Calmseas >>>:
亡霊としてキシコールの森をさまよっていると、そう考えられているわ。魔の力によってこの地に焼き付けられ、成仏できずにさまようこだまと化したのだと。
私の考えは少し違うわ。同じブラッディ・キシコール戦争の戦没者でも、あの闇の瞬間に亡くなった人たちと、その前に倒れた人たちは、はっきり分けるべきだと思うの。

(Say) >> Eleden Calmseas:
成仏できずにいるのは後者…?

Eleden Calmseas >>>:
その通り! だとすると、彼らの魂は永遠に繰り返してるのかもしれない… 自分を死に至らしめた滅びの瞬間を。
考えただけでもぞっとするけれど、もしこれが事実だとしたら…!

(Say) >> Eleden Calmseas:
何か力になれるだろうか?

Eleden Calmseas >>>:
あの戦いで散った勇士たちの仇を打ちましょう。ほんの束の間かもしれないけど、心の平穏を教えてあげたいの。彼らにはそれだけの資格があるはずよ。それ以上の扱いを受ける資格も!

(Say) >> Eleden Calmseas:
相手も亡霊だ。すぐに復活するのでは?

Eleden Calmseas >>>:
ただ倒すだけだとそうね。でも、テイル・ダルの霊に聖なる塩をかけたらどうかしら? 成仏させるのは無理にしても、復活が遅れるかもしれない。そうすれば、コーダ・ダルの霊と戦うのもそのぶん遅くなるはずよ。

(Say) >> Eleden Calmseas:
テイル・ダルの霊をおびき寄せる方法は?

Eleden Calmseas >>>:
ごめんなさい、そこまでのことは分からないわ。あなたの冒険者としての経験を活かして、いろいろ試してみてはどうかしら。
きっと何とかなるはずよ! そうじゃないと話が進まないもの!

(Say) >> Eleden Calmseas:
Eledenが言うなら何とかなるだろう!


Calmseasの聖なる塩を1個受け取りました。

スポンサーサイト

2014-11-14 13:04 : ロア探求 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

Hoshimari

Author:Hoshimari
EverQuest2
SebilisサーバーでMonkをやってます。
頭の輝きに磨きを、ワックスを。
イラスト:Mago

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード