Lanys T'VylとHighkeepと古代の杖

Lanys T'Vylについてちょこちょこ調べてみました。
詳しい話はほぼ歌う羊飼いさんに載ってました。


Lanysの母は、Vendela G'Kalという名のInnorruukの高司祭で、「Bloody Moon(血の月)」という儀式の日に、見た目の良い男と交わってLanysを生んだそうです。父であるその男の名は知れず行方も知れないということなので、母Vendelaはより強力なInnorruukの巫女を産むためだけに、その男と交わったのでしょう。
男はおそらく生け贄か儀式の供物にされたかでしょう。
そんなわけでLanysはすでに幼少の頃から恐ろしいまでの力を持っていたようです。

その力を恐れたネリアックの王は3人の年老いた暗殺者を向かわせますが、幼いLanysひとりに返り討ちに合います。
暗殺者のひとり、Laarthik K'Shinは戦いのさなか、Lanysの持つ力に畏れと敬意を抱き、他の二人からLanysを守りました。
その功績をInnorruukに認められ、Laarthikは若い肉体を与えられてLanysの従者となりました。

lanys_eq1.png


LanysとLaarthikはダークエルフの軍を率いてハイキープ砦に攻め込みます。
ハイキープはケイノスとフリーポートを結ぶ流通の拠点であり、またこの砦はかつてのハイエルフの都市Takish-Hizの一部であったことから、ネリアックとハイキープには古くからの確執がありました。
そしてLanysの目的はハイキープにあるNurgal's Stoneの鉱脈を手に入れることでした。

Nulgal's Stoneは、ハイキープの地下炭鉱に棲むゴブリンのNulgalによって発見された、不思議な力を秘めた石です。
そのひとかけらがネリアックのスパイに盗み出され、それを受け取ったLaarthikは石の力が重要なものだと捉え、鉱脈を奪うためにハイキープを襲撃したのでした。

この石の力については詳しくは分かってはいません。
InnorruukによってTakish-Hizのハイエルフの皇帝夫妻が誘拐され、拷問と呪いによってダークエルフが生まれました。
Innorruukが訪れた際に、その地に与えられた影響でNulgal's Stoneが生まれたのではないかとされています。

EQ2_000006_20141101105337a2f.png


ハイキープ襲撃を迎え撃ったFiriona Vieにより、Lanysは追い詰められ、一騎打ちの果てに敗れ去ります。
Laarthikはキシコールの森でLanysを救うために、Nulgal's Stoneの力を解放し、Innorruukを呼び出しました。
InnorruukはLanysの魂を憎悪の界へと連れ去りました。


その後、彼女の信奉者が魂寄せの儀式を行い、Lanysはノーラスへの帰還を果たします。
しかし彼女の権威は失墜しており、Innorruukの恩寵も失ったとされています。
Lanysは父Innorruukをも含む全てを憎悪し、更なる力を得るためにthe Malevoleneという強力な杖を入手しようとします。

その杖は3つの破片に分かれており、その一つを持つネリアックの王の側近を殺して奪い取ります。
このことでネリアックからも裏切り者とされ、信奉者とともにビフォールンへ落ちのび、杖を完成させる機会を図ることにしました。


Lanysと同じく古代の杖を欲していたMayong Mistmoorは、ネリアックの評議会に現れてLanysが現在レイス山脈にいると忠告し、Lanysを攻め滅ぼすようにけしかけます。
レイス山脈にてthe Malevoleneを完成間近にまでしていたLanysのもとにネリアックの軍勢が押し寄せ、血なまぐさい戦闘が始まります。
戦闘が長引き、疲弊したLanysのそばにMayongが現れ、彼女を打ち倒し意識を奪いました。
Mayongは杖を奪い取り、自らが保有していた宝石Bloodmoonと合わせることで、the Malevoleneを完成させます。


Lanysは連行され、Innorruukの生け贄とされました。
新たな"憎悪の娘"であるValizrae D'Toraがその儀式によってLanysのアバターとしての力を吸収しました。


Lanysは死んだとされています。
しかし彼女の信奉者集団、the Primodial Maliceはレイス山脈に祭壇を造り、Lanysを奉っています。
Innorruukの裏切り者とされるこの者達はダークエルフからも敵対視されています。



~~~~

次回拡張では、Lanys因縁の地Kithicor Forestにて、カルト集団 the Primodial Maliceの造った新たな祭壇が登場します。
その名こそがAltar of Maliceというわけです。

Lanysは一度魂をプレイン・オブ・ヘイトに引き上げられ、その後儀式によって別の肉体に魂を呼び戻され復活します。
ネリアックに生け贄にされたのは、ノーラスに帰還した際の彼女の「器」に過ぎなかったのでしょうか。

新たな憎悪の化身に吸い取られたパワーはあくまでもInnorruukが与えたもので、亜神として獲得した彼女のパワーは健在ということなのでしょうか。



Lanysが着ていた(?)鎧 the Abhorrent Armor of Darkness、
Mayongの入手した杖 the the Malevolene、
従者Laarthikが持っていたといわれる剣 Blackened Iron Bastard Sword。

このあたりもヘリテなどで出てきそうですね。



スポンサーサイト
2014-11-01 12:27 : ロア探求 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

EQ1のLanys=サン、懐かし過ぎる!(そしてイラストと3Dモデルの落差にショッギョムジョを感じました・・・)
2014-11-02 11:40 : Beejey URL : 編集
Re: タイトルなし
> Beejeyさん
EQ1のグラフィックは今見ると何ともいえない味がありますね・・・。
ググッたら出てきたものですが、Raid Mobのせいか、やたらデカいんですよね。w
2014-11-03 12:54 : Hoshimari URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Hoshimari

Author:Hoshimari
EverQuest2
SebilisサーバーでMonkをやってます。
頭の輝きに磨きを、ワックスを。
イラスト:Mago

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード