ブロークンスカル湾:ビルジウォーターの滝

杜撰なTank、すなわち私のメモです。
細かい情報は他の人が見やすくまとめてくれるハズ!

続きを読む

スポンサーサイト
2014-11-27 13:59 : AoM個人的メモ : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

そのうちなのかね

EQ2_000012_20141115214920952.png


ソロ上級のインスをダラダラと通ってます。移動がめんどくさいです。
「今度の拡張はかなり広いゾーンですよ!!」とSOEさんは言ってましたが、海ばっかりやん。

せめて海底洞窟エリアぐらい用意してくれないと納得いかんよ。
もしくは島をあと2つ3つ増やしてほしい。




EQ2_000002_201411152149091dd.png
Murrarさんのキャラはどうしてこうも癒されるのだろうか。猫というところも小憎いです。
その他の個性的な方々も、シグネイチャが終わったらとっとといなくなるのが切ない。






EQ2_000009_2014111521492127c.png

ディーシン島に古代エルフの都市があるというのは以前のロア探求で少し触れましたが、
シグネイチャでちょびっと名前が出てきただけでしたね。ガッカリ。
謎の探求のためにロー砂漠の沈黙の都へ行ったり、地質の調査でハイキープのあの石を取りにいったりする展開を期待してたのに。






EQ2_000010_20141115214923b2d.png

トカゲ種族アルソアの登場で、最近薄い影がますます薄くなったリザードマンがかわいそう。
でも信仰している神は同じっぽい。Clotl'thoaはCazic-Thuleのことで間違いないんでしょう。
呼び名が違うのは地域性?それともCazicを模した亜神なの?

これもルーツを探しにフィーロットとかCazic神殿とかにいくクエがあればいいのに。
そういやロー砂漠のリビングトゥーム周辺にもリザードマンがいたし、
何らかの関係性があってもいいんじゃない?

ツボを押さえてないよSOE!!




EQ2_000006_20141115214908fe0.png

見た目は完全にCazic様。でもちっちゃい。
Baelonの方が怖かったですよ。いいんですか恐怖の神サン。
フィアーとかも無いし、主に炎熱ダメージだし、何なのさアンタは。

アルソアもやたら「炎がー炎がー」とうるさいし、信仰している神様はSolsek Roあたりにしとけばよかったんじゃない?



シグネイチャもなんか中途半端だったし、これら諸々は今後のGUでクエストが追加されて、それで解明なのかな。
そうだといいな。頼むよSOE。



2014-11-26 13:33 : EQ2日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

やれやれ

AoMシグネイチャーがやっとこ終わりましたよ。
取り立てて「こ、これは・・・!」と思うようなクエストではありませんでしたのよ。とほほ。

今まで、新拡張の開始直後は翻訳が中途半端なことが多かったと思いますが、
今回はしょっぱなから翻訳はほぼ完璧。誤字もたくさんありましたけど。
おかげでストーリーをじっくり追いながら進めることができました。





EQ2_000004_20141115214907504.png

ピグミーは愛らしい。
めっちゃいい奴ら。毎日ピクルスを届けて上げたい。


ハイキープのゴブリンといい、どこ出身の人が翻訳を担当しているのかとても気になります。



2014-11-18 12:59 : EQ2日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

キシコール戦争

ファントム海のワンダラー港にいるEleden Calmseas。
彼女はかのブラッディ・キシコール戦争を戦った高名なパラディンの末裔だった。

彼女の口から語られる、血なまぐさい戦争の顛末。




続きを読む

2014-11-14 13:04 : ロア探求 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ざわざわ

ヒーロフェスタですって。

何回目かになるイベントらしいですが、参加するのは初めて。アチーブまっさら。
この時期に休止してたことが多かったということなのでしょうか。ううむ。


ノーラス各地で、今まで起こった事件を振り返ってみようという趣旨のイベント。
Trakanon、Darathar、Roehn Theerは戦ったことがありますが、Djinn MasterとBaelonはなかったです。

EQ2_000000_20141110111310f01.png

Baelonはソロ上級とヒロイックで見ましたが、エピックもおったのかね?
こいつはリザードマンらしいのですが、Cazic様の力を得すぎて、顔がそっくり(つまり無貌)。
腕も4本あったりして、初見のときは「これCazic-Thuleそのままじゃないん?」と思いました。

イベントの仕様がよくわからず、殴ってもHPが1%も減らないしこちらも攻撃されない。
よくわからんので放置。他の場所にはPOPしてませんでした。コリャコリャ。



EQ2_000008_2014110311441161b.png
あと、最近地味~に通っていたKaelでコレクションとかクエストとかをチマチマ稼いでましたよ。

インスタンスもソロでいけるのですが、巨人どもの攻撃はどれも割合ダメージばかりで、
こっちのHPがウン十万あったとしても、「毎秒X%のダメージ」とかのDoTをくらって死にまくります。
即死級DDなら、まだスペリアーガードで防げるんですけど、じわじわ系はダメです。キュア1個じゃ足りんす。



で、まあようやく、

EQ2_000002_20141103114413052.png

クエストコンプリート数3500です。やった!
つぎは4000個ですって。果てしないね。
5000個で変態的な称号がもらえるらしいので、地道にやっていきます。




おまけ

チャレンジデュオ。

EQ2_000001_201411101113114c2.png

この間、約10秒。

心は折れてるどころじゃなく、もはや磨り潰されて粉状。

2014-11-10 11:27 : EQ2日記 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

ワガママきいてもらっちゃって

HKCのNamed狩りが進んでおります。

デイリーミッションだけが目的でアチーブに興味が無い人には毎回、
「めんどくさいとこばっかり行ってごめんよ」と思いつつ(言わない)、
不人気なNamedに向かって進行しております。


もうすこしでコンプだから!もう少しお付き合いください!


EQ2_000022_20141030102927caa.png

DPSがものごっつい日にバルコニーのやつをやりました。
「一気に押し切りましょう」と言ってからチャージしたら、しょっぱなからドッカンドッカン。
みんなの鼻息が聞こえてきそうな勢いでした。




EQ2_000018_201410301029294f0.png

下層のトンネルのイモムシ。
ツルハシでトンテンカンと、ひたすら繰り返す。
みんなの「まだかよ」という声が聞こえてきそうでした。




EQ2_000003_20141103114412ce0.png

もののついでにやってみようと、エピックなドワーフに突撃。
ADDは無限湧きなの?よくわからんままに必死でやってたら50%くらいまでは削れましたよ。
防御アーツの切れ目のタイミングで撃沈。悔しい。



EQ2_000004_20141103114410e86.png

さきにこっちの犬ですな。
こっそり一人でPullの練習を何回かしてました。

横から回り込んだとこまで掃除してからやればいい感じかな。


アチーブとっても特にいいことはないですが、ジャーナルが埋まってると気持ちいいですよ!
せっかくのエピックだし、2grpでワイワイやりたいですな。
拡張前の記念に!
どうだい?どうですか?


早めに終われば、今後は普通のミッションこなす楽なルートでホッとできますよ!(鼻息荒く)




2014-11-03 12:42 : EQ2日記 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

Akheva語

フォーラムにあった記事をコピペ。


Akheva(アキーヴァ)の言語。


Words

Centi: Guard
Centien: Protector
Crys: Acrylia
Dabo: Craftsman
Diabo: Master
Dyn: Earth
Fer: Fire
Gel: Gold
Kela: One of
Kyl: Platinum
Lek: Water
Lumanes: Greetings
Mok: Copper
Rentha: City
Tek: Silver
Thall: Sacred
Va: Shadow
Vex: Heart
Vyanemis: Farewell
Vyl: Velium
Wen: Air
Xakra: Spirits
Xin: War”


Numbers

One - Kel
Two - Dat
Three - Set
Four - Raf
Five - Vin
Six - Dax
Seven - Lor
Eight - Tak
Nine - Ved
Ten - Kelara
20 - Datara
100 - Elora
200 - Atorra
300 - Etorra
400 - Aforra
500 - Inorra
600 - Ashorra
700 - Ororra
800 - Akorra
900 - Edorra
1000 - Kelorra


EQ2_000007_201411012357413db.png

このイシリアルのエフェクト「Thall Xakra」 → 「Sacred Spirits」。
「聖なる魂」といったところでしょうか。

カナ表記になったときどうするんでしょうかね。
元が英語の場合はカタカナでもなんとなく意味を察することは出来ますけど・・・。

このAkheva言語は次回でたくさん出てくると思います。
2014-11-02 00:01 : ロア探求 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Lanys T'VylとHighkeepと古代の杖

Lanys T'Vylについてちょこちょこ調べてみました。
詳しい話はほぼ歌う羊飼いさんに載ってました。


Lanysの母は、Vendela G'Kalという名のInnorruukの高司祭で、「Bloody Moon(血の月)」という儀式の日に、見た目の良い男と交わってLanysを生んだそうです。父であるその男の名は知れず行方も知れないということなので、母Vendelaはより強力なInnorruukの巫女を産むためだけに、その男と交わったのでしょう。
男はおそらく生け贄か儀式の供物にされたかでしょう。
そんなわけでLanysはすでに幼少の頃から恐ろしいまでの力を持っていたようです。

その力を恐れたネリアックの王は3人の年老いた暗殺者を向かわせますが、幼いLanysひとりに返り討ちに合います。
暗殺者のひとり、Laarthik K'Shinは戦いのさなか、Lanysの持つ力に畏れと敬意を抱き、他の二人からLanysを守りました。
その功績をInnorruukに認められ、Laarthikは若い肉体を与えられてLanysの従者となりました。

lanys_eq1.png


LanysとLaarthikはダークエルフの軍を率いてハイキープ砦に攻め込みます。
ハイキープはケイノスとフリーポートを結ぶ流通の拠点であり、またこの砦はかつてのハイエルフの都市Takish-Hizの一部であったことから、ネリアックとハイキープには古くからの確執がありました。
そしてLanysの目的はハイキープにあるNurgal's Stoneの鉱脈を手に入れることでした。

Nulgal's Stoneは、ハイキープの地下炭鉱に棲むゴブリンのNulgalによって発見された、不思議な力を秘めた石です。
そのひとかけらがネリアックのスパイに盗み出され、それを受け取ったLaarthikは石の力が重要なものだと捉え、鉱脈を奪うためにハイキープを襲撃したのでした。

この石の力については詳しくは分かってはいません。
InnorruukによってTakish-Hizのハイエルフの皇帝夫妻が誘拐され、拷問と呪いによってダークエルフが生まれました。
Innorruukが訪れた際に、その地に与えられた影響でNulgal's Stoneが生まれたのではないかとされています。

EQ2_000006_20141101105337a2f.png


ハイキープ襲撃を迎え撃ったFiriona Vieにより、Lanysは追い詰められ、一騎打ちの果てに敗れ去ります。
Laarthikはキシコールの森でLanysを救うために、Nulgal's Stoneの力を解放し、Innorruukを呼び出しました。
InnorruukはLanysの魂を憎悪の界へと連れ去りました。


その後、彼女の信奉者が魂寄せの儀式を行い、Lanysはノーラスへの帰還を果たします。
しかし彼女の権威は失墜しており、Innorruukの恩寵も失ったとされています。
Lanysは父Innorruukをも含む全てを憎悪し、更なる力を得るためにthe Malevoleneという強力な杖を入手しようとします。

その杖は3つの破片に分かれており、その一つを持つネリアックの王の側近を殺して奪い取ります。
このことでネリアックからも裏切り者とされ、信奉者とともにビフォールンへ落ちのび、杖を完成させる機会を図ることにしました。


Lanysと同じく古代の杖を欲していたMayong Mistmoorは、ネリアックの評議会に現れてLanysが現在レイス山脈にいると忠告し、Lanysを攻め滅ぼすようにけしかけます。
レイス山脈にてthe Malevoleneを完成間近にまでしていたLanysのもとにネリアックの軍勢が押し寄せ、血なまぐさい戦闘が始まります。
戦闘が長引き、疲弊したLanysのそばにMayongが現れ、彼女を打ち倒し意識を奪いました。
Mayongは杖を奪い取り、自らが保有していた宝石Bloodmoonと合わせることで、the Malevoleneを完成させます。


Lanysは連行され、Innorruukの生け贄とされました。
新たな"憎悪の娘"であるValizrae D'Toraがその儀式によってLanysのアバターとしての力を吸収しました。


Lanysは死んだとされています。
しかし彼女の信奉者集団、the Primodial Maliceはレイス山脈に祭壇を造り、Lanysを奉っています。
Innorruukの裏切り者とされるこの者達はダークエルフからも敵対視されています。



~~~~

次回拡張では、Lanys因縁の地Kithicor Forestにて、カルト集団 the Primodial Maliceの造った新たな祭壇が登場します。
その名こそがAltar of Maliceというわけです。

Lanysは一度魂をプレイン・オブ・ヘイトに引き上げられ、その後儀式によって別の肉体に魂を呼び戻され復活します。
ネリアックに生け贄にされたのは、ノーラスに帰還した際の彼女の「器」に過ぎなかったのでしょうか。

新たな憎悪の化身に吸い取られたパワーはあくまでもInnorruukが与えたもので、亜神として獲得した彼女のパワーは健在ということなのでしょうか。



Lanysが着ていた(?)鎧 the Abhorrent Armor of Darkness、
Mayongの入手した杖 the the Malevolene、
従者Laarthikが持っていたといわれる剣 Blackened Iron Bastard Sword。

このあたりもヘリテなどで出てきそうですね。



2014-11-01 12:27 : ロア探求 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

Hoshimari

Author:Hoshimari
EverQuest2
SebilisサーバーでMonkをやってます。
頭の輝きに磨きを、ワックスを。
イラスト:Mago

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード